丁寧に作る

米作りとは何か?土作りとは?

自然に対し、ひとが出来ることは本当に僅かな事です。わたしたち百姓ができる事は、子どもを見守るように、しっかりと作物を観察し、必要な時だけ、必要な分だけ成長を手助けする。

水の管理を怠れば、稲の分けつが不十分になる。

雑草を放置すれば、お米に雑草の種が混ざってまずくなる。

肥料を入れれば、稲は育つが、入れ過ぎれば、味は落ちる。

農薬を掛け過ぎれば、自然のちからを失う。

自然栽培とは、放置ではありません。

お米を美味しくする為に、わたしたちは時間と手間を丁寧に掛けます。

にじのきらめき

重量価格(税込)
1.8kg1,500円
4.5kg3,500円
9kg6,500円
27kg18,000円
ご注文はオンラインストア、または、DMで

[品種特性]2018年に国の研究機関である農研機構が開発した、最近「美味しい」と話題の新品種です。虹のように多彩な特性を持つこと、ご飯の炊きあがりが艶やかであることから「にじのきらめき」と命名されたそうです。

きぬむすめ(9月下旬から)

重量価格(税込)
1.8kg1,500円
4.5kg3,500円
9kg6,500円
27kg18,000円
ご注文はオンラインストア、または、DMで

[品種特性]炊きあがりの白さとツヤ、粘り強く柔らかい食感、冷めてもおいしいという特徴があります。また、猛暑にも強いので、温暖化でも安定した品質が見込める品種です。

どんぐり農園のこだわり

わたしたちは環境を考え、子どもたちの未来を考えたお米づくりを行っています

どんぐり農園のお米が出来るまで

お米作りは冬の土作りからはじまり、育苗、田植え、初期の管理、中干し、中盤、終盤の管理、稲刈り、乾燥、籾摺りまでとても長い時間を要します。
0.天地返しなど土作り。とても大事な工程です
1.温湯消毒、催芽
2.浸漬
3.播種
4.代掻き
5.田植え
6.ジャンボタニシ対策(田植え後に落水)
7.入水
8.6月下旬頃
9.7月下旬中干し
10.8月上旬、中干し後、ぐっと伸びます
11.8月下旬出穂
12.じっくりと登熟します
13.稲刈り
14.稲刈りしてきたもみを乾燥させます
15.籾摺りして、玄米の出来上がり!

インターネットでのご注文

どんぐりダイレクトでのご注文


▷食べチョク
玄米2kghttps://www.tabechoku.com/products/108425
5kghttps://www.tabechoku.com/products/108428
10kghttps://www.tabechoku.com/products/112545
精米2kghttps://www.tabechoku.com/products/108427
5kghttps://www.tabechoku.com/products/108426
10kghttps://www.tabechoku.com/products/112544
▷ポケットマルシェ
玄米/精米https://poke-m.com/products/193869
月イチ定期購買https://poke-m.com/products/193916
隔月配送(偶数月)https://poke-m.com/products/210268
隔月配送(奇数月)https://poke-m.com/products/210271